中古車とは?

中古車

 

 

私たちの生活に無くてはならない車。

 

今や普通自動車免許証を持っている人の7割以上が、自分で運転する車を持っていると言われています。

 

様々な車がありますが、身近な自家用車の購入には、新車購入と中古車購入があります。
今回は中古車購入について、その定義から歴史と幅広く考えて行きたいと思います。


中古車とは?記事一覧

中古車とは、新車で購入した消費者が自動車登録(ナンバー登録)をした車のことを指します。車の乗換時に新車ではなく、費用や車の魅力を感じて、消費者が購入する場合が多いです。中古の名称の通り、少し年式が古いなどの問題はあるものの、品質や魅力のある車をさします。一方で全く使用されていない新古車もありますが、試乗車で利用されているケースが多く、さほど、中古車と違いないと思われます。また、年式という概念もあり...
長年、中古車市場の仕組みが整っておらず、ディーラーの過剰在庫を零細企業に対し主に販売していた経緯があります。1970年には大規模な取引企業があらわれ、専業の買い取り業者も増えてきました。新車にこだわらず、中古車にシフトすることも多く、買い取り業者は多くなってきました。ただ、低価格帯の車の需要はあっても、なかなか業者にとっては利益を創出することができず、市場自体も伸びない状態でした。しかしながら、中...
中古車の市場規模は、2010年で約3900億円です。大手の中古車販売業者が業界を支えてきましたが、中小の中古車販売業者を含めると、前年比の伸び率では-7.1%であり、極めて厳しい市場環境と言えます。これは、米国におけるサブプライムローン問題に端を発した世界的な金融危機により新車販売はもちろんのこと、中古車オークション市場でも販売数も減少しました。また相場の下落も大きく、中古車販売企業各社はかなり厳...
まず国内の課題です。少子高齢化と人口減の影響があり、自動車購入の母数は減っていくと思われます。また、団塊の世代の買い替え需要は少なく、新車及び中古車の需要を増加させることは厳しい状態であると言えます。かつては自動車を趣味と思うユーザーが多かったのですが、今や自動車は単なる移動手段という考え方の消費者が多くなったのも需要減の大きな要因です。中古車販売業者の課題は在庫費用および展示費用などを低減し、販...
全項までで中古車についての定義、歴史、市場、課題などを説明させていただきました。自動車の品質は年々向上しており、自動車としての寿命も伸びています。消費者によっては車検の際に新車に買い替えをされることにこだわりを持っている方もたくさんいらっしゃると思います。その際に、残存価値が高い自動車が中古車市場に流れてくるのです。例えば数万キロしか走っておらず、つまり、部品や外観などで全く遜色のない自動車が中古...

このページの先頭へ戻る