今や一大市場の中古車販売

中古車,歴史

 

長年、中古車市場の仕組みが整っておらず、ディーラーの過剰在庫を零細企業に対し主に販売していた経緯があります。

 

1970年には大規模な取引企業があらわれ、専業の買い取り業者も増えてきました。

 

新車にこだわらず、中古車にシフトすることも多く、買い取り業者は多くなってきました。

 

ただ、低価格帯の車の需要はあっても、なかなか業者にとっては利益を創出することができず、市場自体も伸びない状態でした。
しかしながら、中古車市場の需要は多く、トヨタ自動車などがT-upなどを立ち上げ、現在も力を注いでいる状態です。

 

また、海外への輸出も多くなり、ロシアなどへの輸出も増えてきました。
以前は中古車市場の需要は少なかったのですが、海外への輸出を主に近年の需要は高まっていると言えます。

 

新車が欲しいのが消費者の本来の心情なのだと思うのですが、新車と比べて遜色ないのが中古車です。
ここ数年の経済環境の悪化がありますので、品質もアフターもしっかりした中古車業界に頼ることも選択肢として含めるべきだと思います。

 

私も最初の車は中古車でした。
でも、全く問題もなく、快適なカーライフを送れました。
何か不具合があると、中古車業者がしっかり対処してくれました。
このようにアフターサービスなどもしっかりしています。

 

車の購入の際はぜひ中古車も選択肢に入れていただきたいと思います。
なにせ新車と変わらないサービスを受けられるので。
また近年では中古車の対象市場が主に発展途上国が中心となっています。


中古車の歴史とは関連ページ

中古車の定義とは
中古車の定義って何でしょうか??
中古車市場について
中古車の市場規模とはどのくらいなのでしょうか?
中古車の課題と対応とは
人口減によって中古車市場の今後の課題は大きいものとなりそうです。
今後の中古車に位置づけについて
これからの中古車市場はどのような展望なのでしょうか?

このページの先頭へ戻る