中古車ってどういう車?

中古車,定義

 

中古車とは、新車で購入した消費者が自動車登録(ナンバー登録)をした車のことを指します。

 

車の乗換時に新車ではなく、費用や車の魅力を感じて、消費者が購入する場合が多いです。

 

中古の名称の通り、少し年式が古いなどの問題はあるものの、品質や魅力のある車をさします。

 

一方で全く使用されていない新古車もありますが、試乗車で利用されているケースが多く、さほど、中古車と違いないと思われます。

 

また、年式という概念もあり、年式が古い自動車は大古車と言われたり、逆にあまり年式が古くなかった場合は低年式とよばれることもあります。
中古車は新車を購入した消費者が車の乗換の際に、買い取り業者に売り渡す仕組みであり、新車にこだわらず、車への興味を持っている消費者が購入する仕組みです。

 

ディーラーで買い替えの際に中古車下取りとして、査定する場合が多かったのですが、今は下取り専門業者が多数存在し、売り手側にとっては多くの選択肢があると思われます。
大手の自動車メーカーが中古車買い取り業務を開始するなど、近年、中古車市場の需要は高まっています。

 

また、中古車の輸出も多くなっており、特にRV車などの人気が高まっています。

 

新車を購入することは消費者にとって嬉しいことですが、中古車でも現在は全く品質に問題がなく、車の乗換の際には、大きな選択肢となっています。
とにかく、新車と比べて遜色のない品質を維持していますので。

 

中古車を購入することが、不安であったり、プライドがあって、購入することを辞めてしまう方々も多いと思いますが、品質、アフターなど考えると良い買物だと思います。


中古車の定義とは関連ページ

中古車の歴史とは
中古車取引は1970年台から盛んになってきた産業です。
中古車市場について
中古車の市場規模とはどのくらいなのでしょうか?
中古車の課題と対応とは
人口減によって中古車市場の今後の課題は大きいものとなりそうです。
今後の中古車に位置づけについて
これからの中古車市場はどのような展望なのでしょうか?

このページの先頭へ戻る