コンディションも重要な査定ポイント

査定,コンディション 

 

 

自動車の査定時には、買い取り業者は自動車のコンディションも重視します。

 

いかに大切に自動車に乗っていたかを測るポイントです。

 

 

コンディションといってもいろいろありますが、動かない自動車でしたら全く査定の対象にもなりませんので、買い取りをしてもらうことはほぼ不可能です。

 

経過年数により自動車のコンディションは自然現象としてどうにもできないこともあります。
例えば、ボディの微細な傷や汚れなどです。
これについては、査定価格にほとんど影響を与えないと思えば良いです。

 

最も大切なのはエンジンの状態です。
心臓部ですから当然のことですが、かかりが悪かったり異音が発生する場合は、当然のごとく査定金額は低くなってきます。

 

大物の装着品であるエアコンやオーディオのコンディションも大きな査定基準の対象となります。
社内ではゴミや汚れはもちろん臭いもひとつの査定要素となります。
これは利用者が普段、自動車をどのように利用していたかがわかるからです。

 

自動車を中古車として購入する消費者の立場にとっては、快適な状態でカーライフを送りたいものです。
どんなものでも、時間が経過すれば、ある程度劣化しますが、プロの査定士は、古い自動車でも手入れをしっかりしているか、行き届いていないかを見極めて、中古車市場で販売するのです。

 

また、自動車のコンディションではありませんが、車検時期までの期間も査定に大きく影響を与えます。
つまり、車検が近い自動車は安く査定され、車検を受けたばかりの自動車は高く売れる傾向にあります。
(車検を受けてすぐに販売する人は少ないと思いますが・・・)


査定ポイント【コンディション】関連ページ

中古車査定とは
中古車査定とは現在の車の価値がいくらなのかを査定してもらうシステムのことです。
査定のポイントとは
中古車査定ポイントは、大きく分けて4つあります。
査定のポイント【車種】
中古車査定において第一に重視されるのが車種です。同じ車種でも色やグレードによっても差がつきます。
査定ポイント【走行距離】
車種によって走行距離の中古車査定額への影響は異なります。

このページの先頭へ戻る