査定のポイントとは

査定,ポイント

 

 

自動車の基本的な査定内容は、車種、グレード、年式、走行距離などです

まずは基準価格が設けられ、プラス評価、マイナス評価を客観的に評価して査定価格が計算されます。

 

単純な評価ではなく査定項目は無数にあり、ある項目が良くても、それだけで査定価格が跳ね上がるわけではなく、あくまでも総合点数で査定金額が決まります。

 

では、もう少し掘り下げて大きく5つのポイントを紹介します。

 

まず一つ目は自動車の色です。
当然、第一に自分の好きな色を選ぶ消費者が多いと思います。
しかしながら、車を手放す時の査定条件が良くなるようにボディカラーを決める消費者もいます。
一概にどの自動車でも同様に人気色があるわけではなくボディの種類によって変わります。

 

第二の要素は自動車のパーツです。
メーカーで販売している純正のオプションパーツは人気があるのですが、純正ではないパーツを装着している場合は、査定金額が下がる可能性が高いです。
というのもオプションパーツは消費者の好みに左右されるからです。
もしオプションパーツでカスタマイズをしている場合は純正パーツに戻しておくことが重要です。

 

第三の要素は自動車のコンディションです。
これは買い取り業者が重視するポイントです。
経過年数や傷、エンジンの状態などです。
また大物部品であるエアコンの状態、オーディオのコンディションも査定に少なからず影響を与えます。
小さな傷はどうしても時が経過するにつれつくものです。
しかし、小さな傷は査定に大きな影響を与えないので心配は不要だと考えられます。

 

第四の要素目は、自動車の走行距離です。まず査定業者が判断するのが走行距離と言っても過言ではありません。
走行距離の査定の目安は細かく決定されているわけではなく、軽自動車の場合は年間8000キロ、普通自動車の場合は年間10000キロとされています。
これは中古自動車査定基準で定められているので、どの業者でも同様だと思います。

 

最後に車の洗車です。査定する人はマイナス項目を見つけるため、第一印象をよくするために査定の際には洗車はもちろんのこと、社内のごみなどの清掃などにも配慮すべきです。


査定のポイントとは関連ページ

中古車査定とは
中古車査定とは現在の車の価値がいくらなのかを査定してもらうシステムのことです。
査定のポイント【車種】
中古車査定において第一に重視されるのが車種です。同じ車種でも色やグレードによっても差がつきます。
査定ポイント【走行距離】
車種によって走行距離の中古車査定額への影響は異なります。
査定ポイント【コンディション】
コンディションは大切に自動車に乗っていたかを測るポイントです。

このページの先頭へ戻る