走行距離ってどういうふうに影響するの?

査定,走行距離

 

 

基本的に、自動車は走行距離が多ければ多いほど査定金額は下がります。

 

当然自動車への負荷が走行距離によって異なりますので、消耗度合が高いことを考慮すれば当然のことです。

 

年式に応じてその自動車がどれだけ距離を走っているかの加減点基準があり、査定価格が決定されます。
この基準は、日本自動車査定協会が中古自動車査定基準として定めたものです。
ほとんどの自動車が年間1万キロの走行距離を基準に定められています。

 

ただし、一概に中古自動車査定基準で決定されるものではありません。
人気のある自動車、希少価値のある自動車などについては走行距離のみで判断されるのでなく、高い査定金額となります。

 

逆に不人気車種の場合は逆に低い査定基準となります。
グレードや色なども大きな査定評価の基準ともなります。

 

自動車は、常に乗っていないと良い状態が維持できないので、あまりにも走行距離が少ない場合は故障が多いと判断され、査定金額が下がることもあります。
つまり年式に対する走行距離が適正であることが求められます。

 

大きな査定基準となる走行距離ですので、消費者の中にはメーターを改ざんし、走行距離を短くする残念な方もいます。
この対応としましては、日本オートオークション協議会が開発したシステムがあり、あらゆる中古車の走行距離などのデータを蓄積し、不正な走行距離の改ざんを防止することが可能となりました。

 

この管理システムにより中古車買い取り業者や消費者も走行距離をチェックできるようになり、走行距離による正しい査定価格を理解することができるようになりました。


査定ポイント【走行距離】関連ページ

中古車査定とは
中古車査定とは現在の車の価値がいくらなのかを査定してもらうシステムのことです。
査定のポイントとは
中古車査定ポイントは、大きく分けて4つあります。
査定のポイント【車種】
中古車査定において第一に重視されるのが車種です。同じ車種でも色やグレードによっても差がつきます。
査定ポイント【コンディション】
コンディションは大切に自動車に乗っていたかを測るポイントです。

このページの先頭へ戻る