中古車査定とは

査定,システム

 

 

自動車を買い替える際に残存価値のある自動車は、中古車ということになります。

 

その中古車の現在価値がいくらなのかを査定してもらうシステムが中古車査定システムです。

 

もちろん自動車の価格は客観的に審査しなければなりません。

 

評価基準としてはまずは自動車の状態、つまり性能面や外観、オプションでの装着品など多くの項目があります。
また、需要がなければ自動車も売れませんので、需要と供給のバランスも大きな要素と言えます。

 

中古車として自動車を販売する方法としては、購入したディーラーに下取りをしてもらう方法、買い取り専門業者に買い取ってもらう方法など旧態依然の下取り・査定方法がありますが、現在ではインターネットの中古車査定サービスを利用する方法が主流になりつつあります。

 

当然、消費者はより高く自動車を購入して欲しいと考えます。
より多くの買い取り業者に見積もり依頼を出し、最も高い下取り価格を提示した業者にお願いするのがベストです。
同一の自動車でも買い取り業者により数十万円の差が生じる場合もあります。

 

特に買い取り業者かつ販売業者の場合、別の消費者より対象自動車の需要があり、探している場合などは、早く消費者に中古車を販売すべく高い査定に決定することも少なくないのです。
また、ディーラーなどに下取りをお願いし、新規に自動車を購入する場合は、高い下取り価格を設定し、新車の購入価格の追い金が安くなる場合もあります。

 

従って、面倒だから単純に近くのお店で下取りしてもらおうと考えたりすることは決して得策ではないので、消費者は満足のいく査定金額で下取りをしてもらうようにしましょう。
査定価格によって一回の海外旅行ができる可能性も十分あるのですから・・


中古車査定とは関連ページ

査定のポイントとは
中古車査定ポイントは、大きく分けて4つあります。
査定のポイント【車種】
中古車査定において第一に重視されるのが車種です。同じ車種でも色やグレードによっても差がつきます。
査定ポイント【走行距離】
車種によって走行距離の中古車査定額への影響は異なります。
査定ポイント【コンディション】
コンディションは大切に自動車に乗っていたかを測るポイントです。

このページの先頭へ戻る