オートオークションとは

オートオークション

 

中古車オークションの対象車は多岐に渡りますが、代表例では一般のユーザーが車を買い替える際に下取りに出された車が多いのが実状です。

 

その他中古車販売店で展示しても最終的に売れなかった自動車や展示自動車などがあります。

 

中古車オークション市場は全国に100会場ほどあり、落札する業者は中古車販売店、ディラーの中古車部門、輸出業者です。

 

オークションの落札者はオークション会場の参加資格を持った業者のみですので、品質や適正価格の設定などしっかり対応すると言えます。

 

簡単にオークションでの落札までの流れを説明します。
まずは出品自動車をオークション会場に持ち込みします。
その際には車の車名、グレード、年式、アピール事項などを出品表としてダッシュボードの上に置いておきます。

 

次に、オークション会場による自動車検査です。出品表にもとづき内外装のチェックを行い出品表に追記します。
その後その車の評価点が付き、オークションでの出品順序が決定します。
この際にはワンオーナー車ばかり集めた【ワンオーナーブロック】と修復歴車ばかりを集めた【新車ブロック】に大別されます。

 

その後出品ヤードにキーをつけたままの状態で出品ヤードに配置され、オークションでの購入者が実際にエンジンをかけて希望自動車の状態を確認することができます。
その後セリ日にオークションが実施され、落札業者が買い取る仕組みです。

 

規定の期間中に自動車の不具合が発生した場合はクレーム申請することができる仕組みとなっていますので、品質は良い状態で買い取り業者(=消費者への販売業者)に引き渡されます。

 

このような仕組みで買い取り業者が対象車の状態を確認した上で消費者に販売する仕組みですので、余程の悪徳業者でない限り、よい品質の自動車を消費者が購入できるのです。


オートオークションとは関連ページ

リセールバリューとは
売るときに得をしたいならリセールバリューを意識しましょう。
中古車の輸出について
輸出量が増えている中古車の内訳、これからの中古車輸出についてご説明しています。
絶版車両とは
製造がされていない車「絶版車」市場は普通の中古車市場とは少し異なるようです。
補給部品について
生産中止になった車両の修理等で必要になり注文されたパーツのことを補給部品といいます。

このページの先頭へ戻る